バスツアーで富士山を存分に楽しむ【トラベル入門書】

4人の女性

季節ごとに変える

登山する人

コースを変える

鉄道会社系列のバス会社が富士山へのバスツアーを計画するとき、収益を稼ぎ続けることが重要になってくる。そのため、利益を稼いで事業を継続させていけるようにするためにはリピーターを確保することが大事になってくる。このとき、リピーターを獲得するために富士山へのバスツアーで利用するコースの変更というやり方がある。季節ごとに違うコースを走って、その時々で異なる風景をバスの車内から見学できるようにするのである。同時に、コースを変更する度に立ち寄る飲食店も変えてそのときのツアーでのみ食べることができるというシステムにする。つまり、季節に合わせて変更を行ってそのときのみ味わうことができるという方法でリピーターを掴んでいく。

目的地と協力

富士山へのバスツアーを商品として売るときには、別の工夫を用いて利益を得ていくという手法も存在する。それは、目的地に存在している店と協力して利益を稼いでいくというものであり次のようになる。バスツアーに参加した人々が、目的地で消費を行ったり飲食店に立ち寄ったりするように割引券を配るのである。しかも、この割引券を旅行に参加した人に対する特典として配布していき次回の利用に繋げるのである。つまり、割引券を旅行商品の中に組み込んでおくことを通じてリピーターを増やして利益を得ていくのだ。このように、富士山へのバスツアーを企画するときには色々な方策を混ぜていき連続して収益を獲得していくことができるようにしているのである。